飲食


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 13:07:18.79 ID:CAP_USER9
    農場オーナーは、子豚18匹と雌豚2匹を「ペットとして飼うわけにはいかない」と
    no title


    英南西部ウィルトシャーの農場で火事から助け出された子豚と大人の豚が半年後、助けた消防士たちにソーセージとして贈られていたことが分かった。

    ウィルトシャーのミルトン・リルボーンで今年2月、レイチェル・リバースさんの農場の納屋で火事が発生し、わら60トンが燃えた。納屋にいた雌豚2匹と子豚18匹は、地元ピュージーの消防士たちに救出された。

    それから半年たった今月、リバースさんは豚たちを食肉として処理し、ソーセージに加工して、消防署にプレゼントとして送り届けた。

    リバースさんは「菜食主義の人たちはすごく嫌がるはず」と話す。消防士たちはバーベキューでソーセージを楽しみ、「最高だった」、「おすすめだ」と称賛した。

    ピュージー消防署の消防士たちは、プレゼントのソーセージをバーベキューで楽しんだ
    https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/102BE/production/_97483266_sausagestwo.jpg

    農場では今年2月、電気系統の故障でわら60トンが燃えた
    https://ichef-1.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/118A8/production/_97484817_pigfiretwo.jpg

    BBC 8月23日
    http://www.bbc.com/japanese/41020587

    【農場の火事から助け出された豚さんのその後・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ