中国


    ダウンロード

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/22(火) 21:57:18.78 ID:BegzC6dB0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    日本の経済成長率は今春、約2年ぶりの高水準をつけた。4-6月の経済発展水準に基づいて計算すると、日本の今年の国内総生産(GDP)成長率は4%に達する。
    このデータは米国を大きく上回り、専門家のこれまでの予想を上回っている。中国新聞網がドイチェ・ヴェレの記事を引用して伝えた。

    日本経済は現在まで、6四半期連続で成長を維持している。これほどの経済成長は実に、1990年代中頃ぶりとなる。
    日本の今春の投資成長率は2.4%と大幅に上昇し、予想値の2倍に達した。長期的に支出を控えてきた日本の消費者も、買い物意欲を取り戻したようだ。
    自動車や家電などの耐久消費財の販売が伸び、外食の消費も拡大している。

    専門家はこれらの傾向について、日本の経済発展の「アキレス腱」と長年見なされてきた国内消費が、景気回復の支柱になりつつあることを示していると述べた。

    日本人が消費に意欲的で、企業も投資を拡大している。しかし年初の状況と異なり、輸出はこの経済成長の中で重要な役割を果たしていない。

    個人消費は日本のGDPの3分の1を占めている。日本の個人消費は今年第2四半期に0.9%増加した。日本の景気が好転しているが、朝鮮と米国の緊張関係は日本の輸出に悪影響を及ぼしている。対米ドルで円高となり、
    日本の商品輸出価格が上昇している。そのため経済成長は喜ばしいデータを記録しているが、東京証券取引所は14日、全面安で取引を終了した。

    景気回復は、日銀の流動性拡大による物価上昇の手法が、効果を現し始めていることを意味する。長期的なデフレにより、日本経済が低迷した。
    この状況下で商品の持続的な値下がりの心理が生まれ、消費者が購入に消極的になる。さらに人件費の低下、企業投資の減少という悪循環が生まれる。

    そのほか労働市場の変化も、経済成長に有利な条件を生み出している。企業は生産を拡大するため、バイトとパートの賃金を増やしている。
    安倍政権による正社員と派遣社員の待遇の格差縮小、最低賃金の引き上げといった構造改革も、消費回復に積極的な力を発揮している。

    日銀は2020年までに、物価2%の目標を達成できると予想した。この水準は経済全体の発展にとって最も理想的とされている。
    (提供/人民網日本語版・編集YF)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170819/Recordchina_20170819004.html

    【【中国】日本はアベノミクスで経済成長している…中国が異例の報道】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 18:44:20.32 ID:FLn5jEa+0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    中国が、ドクラム高地をめぐる中国とインドの対立に関して、日本の外交官がインドとブータンの立場を支持したことに対して、抗議を行いました。

    中国外務省の華春瑩報道官は、ドクラム高地に関する平松賢司駐インド日本大使の表明は根拠がないとして、
    関連する事実を正しく理解することなく、このような判断を行うべきではないとしました。

    平松駐インド日本大使は、インドと中国のドクラム高地をめぐる緊張の結果について警告し、緊張の拡大は地域の安定を損なうとしました。

    中国が何よりも懸念しているのは、中国に反対する地域諸国が同盟を組むことだと考えられます。
    中国は日本、インドとの領有権問題を抱えています。このため、中国は、日本とインドが同盟することで、
    将来的にほかの中国と対立する国をも含み、中国はこれまで以上に安全保障、経済において窮地に追い込まれる可能性がある、と感じています。

    中国とインドの対立は、中国が正式に「一帯一路」の構想を発表し、この問題に関する国際会議を開催したことを受けて高まりました。
    インドは、この構想がパキスタンに実効支配され、インドが領有権を主張するカシミールなどを含むことになると考えています。
    また、インドは、中国がこの「一帯一路」の構想を実現するため、ドクラム高地などの地域の国境線や道路を変えようとしていると主張しています。
    中国政府は、インドの否定的な立場は中国の通商協力の拡大に明らかな形で反対していることを示すものだとしています。
    このため、地域における中国のライバルである日本も、「一帯一路」の構想の実現を望んでおらず、
    それを中国の地位を高めるものだとして、中国に対して、インドの立場を支持し、
    中国政府をこれまで以上に陸、海における領有権問題に巻き込もうとしています。

    南シナ海問題における日本の介入は、この方向性で行われているといえます。
    このため、中国は、インドに対して力を誇示しようとしています。

    日本に対する中国の警告
    http://parstoday.com/ja/news/japan-i34146

    【中国がインドとの領有権争いで日本を批判するも、内心は自身が窮地に追い込まれると戦々恐々か】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 00:09:53.13 ID:TJ0X8TSd0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    肉質が良くなる?ブタが池にドボン 中国・瀋陽
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139728
    no title

    中国北東部・遼寧省瀋陽で池に飛び込むブタ。
    この養豚業者は肉質を良くするため、ブタを高さ3メートルの飛び込み台から池に飛び込ませている。

    【中国人「豚を池に飛び込ませれば肉質が良くなる」】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 13:33:13.00 ID:QvcWlmVo0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    北朝鮮幹部が中国をも脅かす発言をしたとして波紋をよんでいる。

    その発言は「中国全土が私達が開発した新型弾道ミサイルの射程圏に入っている」というもの。
    これを韓国メディアが日本経済新聞(電子版)を引用する形で報じた。

    日本経済新聞によると北京も標的になっているという意図を映像を通じて伝えた。
    その映像とは5月21日に発射した中距離ミサイル「北極星2号」のことである。

    また「北朝鮮の金正恩は中国の半植民地になることを避けるための手段が核兵器だと考えている」と掲載。
    北朝鮮は現在、アメリカを標的にしているが、中国全土も標的に入っていると伝えたかったようだ。

    ただ中国と北朝鮮では中朝友好協力相互援助条約が結ばれているため、中国側はそう簡単に手出しができず、
    常に中立な立場にいなくてはならない。しかしここにきて、「射程範囲だ」という発言に驚かされただろう。

    http://gogotsu.com/archives/32450
    no title

    【北朝鮮幹部「中国全土が我々のミサイル射程範囲だ!」 中国「中朝友好協力守れよ」】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 08:20:08.96 ID:ewkYEWT10● BE:501696153-2BP(2000)
    2017年8月18日、中国のポータルサイト・新浪に、日本のスクランブル発進は意図的に緊張をあおるものだという軍事専門家の主張を紹介する記事が掲載された。

    軍事専門家の尹卓(イン・ジュオ)氏は、日本のスクランブル発進の多い宮古海峡は実際には国際海峡で、どの国も自由に出入りできるはずだと主張。
    従って、日本によるスクランブル発進は意図的に緊張をあおるもので、毎年何機の戦闘機が中国に対してスクランブル発進したかを防衛白書に記載することで、日本国民に対して中国の軍事的脅威を強調し、平和憲法の改正が必要であるとの雰囲気をつくりだしているのだと論じた。

    その上で、日本によるスクランブル発進は全く意味がなく、F―15の出動回数が多いのは日本が自ら招いていることだと主張。日本の防空識別圏は中国の玄関口まで設定されており、中国機が飛ぶだけで日本はすぐにスクランブル発進するが、その必要性は全くないと論じた。
    そして、中国機が宮古海峡を通過すると、日本はそれに「付き合って」太平洋に出るまで送ってくれるか、太平洋から迎えに来て東シナ海まで送ってくれるが、これは緊張をあおるだけで無意味だとした。

    しかし、こうした日本の対応は中国を軍事作戦のターゲットにしていることを明らかにしていると分析。
    中国の軍事力がどこかに出現すると、それが全く合法的なもので通常の運用であっても、日本はそれを脅威と見なすとし、これは日中関係が悪化していて、安全問題では両国が対峙している証拠と判断できると結んだ。(翻訳・編集/山中)

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=187924&ph=0

    【【悲報】中国さん、とんでもない主張をする「日本はむやみにスクランブル発進して緊張を煽っている」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 11:18:37.07 ID:CAP_USER9
    河野外務大臣は、インド・太平洋地域各国の海洋安全保障分野の能力向上に向け、ベトナムやフィリピンに巡視船や巡視艇を供与するなど、ことしから3年間でおよそ5億ドル規模の支援を行う方針を明らかにしました。

    これは、ワシントンで行われた日米の外務・防衛の閣僚協議、2+2(ツー・プラス・ツー)の共同記者会見で、河野外務大臣が明らかにしました。

    この中で、河野大臣は「インド・太平洋地域の沿岸国の海洋安全保障分野の能力構築支援について、ことしから2019年までの3年間におよそ5億ドルの支援を行っていく」と述べました。

    外務省によりますと、ODA=政府開発援助を通じて、ベトナムの海上警察やフィリピンの沿岸警備隊に対して、巡視船や巡視艇合わせて16隻を供与することなどを計画しているということです。

    これについて、外務省は「特定の国の活動を念頭に置いたものではない」としていますが、ベトナムやフィリピンは、南シナ海で海洋進出を続ける中国と領有権問題を抱えており、こうした支援によって中国の海洋進出をけん制する狙いもあるものと見られます。

    配信8月18日 7時02分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170818/k10011103091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019

    【【ODA】河野外相 ベトナムやフィリピンに3年間で5億ドル支援へ 中国の海洋進出をけん制する狙いも】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 12:52:56.09 ID:CAP_USER9
    18日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、
    海上保安本部は再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

    第11管区海上保安本部によりますと、18日午前10時ごろ、
    尖閣諸島の魚釣島の沖合で中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。
    4隻はおよそ1時間半にわたって領海内を航行したあと11時半ごろまでにいずれも領海から出たということです。

    4隻は正午現在、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行し、
    海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

    尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは先月25日以来で、
    ことしに入って合わせて21日となります。

    ■政府が官邸対策室を設置
    政府は、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入したことから、
    18日午前10時前、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を
    「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています。

    ■外務省が中国公使に抗議
    外務省の金杉アジア大洋州局長は東京にある中国大使館の公使に対し
    「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領海への侵入は日本の主権の侵害に当たり、
     全く受け入れられない」として抗議し、直ちに退去するよう求めました。

    政府は去年、中国側が漁を解禁した8月上旬に中国海警局の船による領海侵入が相次いだことから、
    ことしも再び領海侵入が繰り返されるおそれがあるとして、海上保安庁の巡視船を増やすなど警戒を強化しています。

    以下ソース:NHK 8月18日 12時30分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170818/k10011103301000.html

    関連スレ
    【了解】漁解禁 尖閣へ向け中国の大漁船団が出航 武装した漁師が乗っている可能性も 海保警戒 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502894989/

    【【沖縄】尖閣沖で中国海警局の船4隻が一時領海侵入 外務省が中国公使に抗議】の続きを読む

    ダウンロード (18)



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 21:50:14.76 ID:CAP_USER
    安倍晋三首相が9月13~15日にインドを訪問し、モディ首相と首脳会談を行う方向で調整していることがわかった。両首脳は会談で、日印の防衛当局や海上保安当局の協力強化などを確認する見通しだ。日本政府関係者が明らかにした。

    安倍首相がインドを直接訪ねて首脳会談を行うのは、海の安全保障分野で協力を深め、インド洋の沿岸各地で港湾の建設や改修に携わる「真珠の首飾り」戦略をテコにして、海洋進出をはかる中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

    両首脳は軍事的挑発を続ける北朝鮮問題についても意見を交わすほか、日本の新幹線方式導入が決まっているインドの高速鉄道事業についても話し合うとみられる。

    昨年11月にはモディ氏が来日。両氏は今年7月にドイツで行われた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の際も会談した。(松井望美)

    http://www.asahi.com/articles/ASK8K5Q47K8KUTFK00S.html

    【【政治】安倍首相、9月にインド訪問へ 協力強化、中国を牽制】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 07:47:25.17 ID:CAP_USER9
    中国公船体当たり、ベトナム漁船沈没…南シナ海
    2017年08月17日 07時36分


     【ハノイ=吉田健一】
    中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島海域で今月上旬、中国海警局の公船がベトナム漁船に体当たりして沈没させていたことがわかった。

     漁船が所属する同国中部クアンガイ省の漁業組合関係者が16日、本紙に明らかにした。

     南シナ海の一層の軍事拠点化を進める中国が、ベトナム漁船襲撃を今年に入って再び活発化させていることを改めて示した形だ。

     関係者によると、中国公船は7日夕、操業中のベトナム漁船を追跡し、体当たりしてきたという。

     漁船は程なく沈んだが、乗員6人は近くの僚船に救助され、無事だった。

     また12日午後には、同じ中国公船搭載の小型艇2隻が、同組合所属の別の漁船(乗員11人)を襲撃。
    漁業設備を破壊したほか、魚や食料の保管庫に薬品を投入して使用できないようにしたという。

    (ここまで357文字 / 残り83文字)
    2017年08月17日 07時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170817-OYT1T50033.html

    【【中国】海警局の公船体当たり、ベトナム漁船沈没…南シナ海】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 16:30:07.78 ID:CAP_USER
    急速な軍備増強を進める中国が2030年までに500隻を超える海軍艦艇を保有するとの分析がある。米国も海軍艦艇を増やす方向だが、その目標は最大で355隻にとどまり、中国が「量」で優位に立つ可能性が高い。

    揺らぐアジア太平洋地域の軍事バランスを保つため、日米協力のさらなる強化が求められることになる。(編集委員・早川俊行)

    揺らぐ米の優位 日本の役割重要に

    米太平洋艦隊で情報作戦部長を務めたジェームズ・ファネル退役海軍大佐らは今年1月、ウォール・ストリート・ジャーナル紙への寄稿で、中国海軍は2030年までに主要水上艦艇を430隻以上、潜水艦を約100隻保有するとの分析結果を明らかにした。

    ファネル氏らは「中国艦隊は15年以内に規模と能力で米海軍を劇的に上回るだろう」と主張。中国の艦艇建造ペースは落ちていくとの見方もあるが、同氏らは「今後15年以上は衰えない」と断言した。

    これに対し、米海軍は270隻台に落ち込んだ艦艇数を308隻まで戻すのが現在の計画だ。「米軍再建」を掲げるトランプ大統領は350隻に増やすことを主張し、海軍も昨年末にまとめた戦力構成評価で355隻が必要との見解を示した。

    仮に355隻の目標を達成できたとしても、猛烈な勢いで海軍戦力を増強する中国の500隻にはとても追い付かない。しかも、米議会予算局(CBO)の試算では、355隻体制を構築・維持するには予算を3割以上増やす必要があり、厳しい予算の制約下で実現するのは容易でない。

    中国海軍は「量」だけでなく「質」も高めている。有力シンクタンク、新米国安全保障センター(CNAS)は、5月に発表した報告書で、中国海軍は30年までに東シナ海、南シナ海、黄海を越えて太平洋、インド洋でも作戦を展開できる「ブルーウォーターネイビー(外洋海軍)」になると主張した。

    報告書は「米国が数十年にわたり享受してきたほぼ無競争の海軍の優位は、中国海軍の急速な台頭によってもうすぐ終わる」と指摘。中国が世界中に戦力を投射できる能力を備えることは、「国際政治を大きく変え、安全保障面での米中の競争をグローバル化させる可能性がある」と警告した。

    こうしたトレンドの中で、重要になってくるのが海上自衛隊の存在だ。米海軍と海上自衛隊が協力して中国海軍の拡張に対峙(たいじ)していくことがより求められるからだ。

    日本国際フォーラムの坂本正弘・上席研究員は

    「西太平洋のバランスが中国有利の方向に移行する状況の中で、日米協力が一段と重要になる。20年に海上自衛隊が持つ艦艇はディーゼル潜水艦22隻、護衛艦54隻だが、日米を合した時の優位は注目だ。30年に向けて日本も海上保安庁を含め、海上勢力をどう増強するかが改めて問われる」と指摘した。

    http://www.worldtimes.co.jp/world/asia/79984.html

    http://www.worldtimes.co.jp/wtsekai/wp-content/uploads/2017/08/%E9%BC%E5%AF%A71-300x158.jpg
    4月26日、中国遼寧省大連で進水式が行われた同国初の国産空母(UPI)

    【【軍事】中国海軍、急速な軍備増強で2030年までに500隻突破か】の続きを読む

    このページのトップヘ